相談支援事業所ラボリ

相談支援事業所とは

身体・知的・精神・発達障害などをお持ちの方、また、そのご家族からの相談をお受けします。

福祉サービスの利用(障害福祉サービス利用計画作成・サービス事業者との連絡調整、各種制度手続きの支援 等)だけでなく、日頃暮らしていく上での悩みや、将来のこと、ご家族の不安など、生活全般にわたって、幅広く相談を受けつけます。

そして、地域のさまざまな資源を活用しながら、自分らしく、生き生きとした生活を送ることができるよう支援します。

 

ご利用に向けて

 
相談
まずは、お電話にてご連絡ください

 ↓

受給者証
相談事業所利用の申し込みを役所で行ってもらい、指定特定相談支援事業の受給者証が必要となる

 ↓

契約
個別相談を受けるための契約をします

 ↓

計画案の作成
ご希望を把握するために、お話を伺います

 ↓

支給決定
作成された計画案を参考に、行政が福祉サービス・支給量などを決定します

※サービス利用のために必要な「受給者証」が発行されます。

 ↓

計画の作成
正式なサービス等利用計画作成します。ご本人・家族に確認していただき、同意をいただいてから、計画実施となります

 ↓

モニタリング
サービスが、計画通り実施されているか、ご本人の希望・状況に合っているかなどの確認をして、サービスの利用を更新するか、サービス内容を変更するか、福祉サービス提供事業者の方たちと一緒に考えます

 

業務内容

サービス等利用計画を作るメリット

①ご本人のご希望に基づく計画を作成することで、ご本人中心のサービスを利用することができます。

②ご本人に適したサービスを組み合わせることで、総合的なサービスの提案を受けられます。

③一つの計画をもとに、サービス提供事業者など関係する方たちが一体となって、一貫したサービスを利用することができます。

④定期的に計画に基づいたサービス内容とご本人の希望・状況を確認し、見直しをすることができます(モニタリング)。

 

開所日

月~金(国民の休日、12/30~1/3は除く)

※相談員1名体制のため、訪問などで不在の場合があります。

まずは、お電話にて相談日程の予約をお願いいたします。